卒業ソング~旅立ちの日に~

私の卒業ソングは坂本浩美さん作曲の「旅立ちの日に」
小学校の卒業式で歌うことになりはじめてソプラノとアルトの2部合唱で歌いました。

初めての練習でアルトになり、メロディーラインではないのでとても難しかったのを今でも覚えています。

休み時間もソプラノの友達と一緒にハモりながら歌って、きれいなハーモニーができたときは子供ながら感動しました!!
卒業式が近くなると、街中でも流れるようになりますます練習に励むばかり!
頑張って練習して卒業式当日。

今までやってきたことをすべて出そうと思いながら歌おうとしましたが、6年間過ごした校舎とお別れだと思ったら急に涙が止まらなくなって結局歌うどころじゃなくなりました…(笑)
けど、それでも小学校の友達と最後に歌えて本当によかったと思います。

先生たちも泣いてくれてほんとに嬉しかったです。

そして、中学校に上がりまたまた卒業式で「旅立ちの日に」を歌うことに!!
なんて人気の曲なんだ…と思いました(笑)
中学校では声変わりした男子との3部合唱!
小学校とは違い、厚みのある歌声で本当にきれいでした。

小学校のリベンジだ!!と思い、高校入試があったので本当に練習する期間が短かったですが、限られた時間で頑張りました!
そして、式当日…。

やっぱり泣いて歌えませんでした(笑)
けど、本当にいい思い出です。

これが私の思い出の卒業ソングです。